東京五輪開催で風俗が壊滅する!?

夜の街の風景

社会人の男性のたしなみとして風俗に行かれる方も多いでしょう。中にはより楽しむためにバイアグラなどの精力増強剤を飲んでから行くという方もいるほどです。

ただ、2020年に東京五輪が開催されますが、都内の風俗店が一斉摘発されると話題になっています。実際に、1990年に大阪で開催された花の万博では、大阪にあるソープ店は一掃されています。

2002年の日韓ワールドカップの際にも都内の繁華街での風俗店の多くが摘発されています。

風俗店が摘発される理由としては、国のイメージが下がらないようにするためとなります。国際的なイベントでは、海外から多くの観光客が日本に来るため、良い国として印象を持ってほしいと国は考えています。

そうなると、国の悪いものを排除して良い国にしようという考えのもと、風俗店は摘出されるというわけになります。日本以外の国ですと、2008年に開催された北京オリンピックでは、北京市の犬肉料理を出すのを禁止にしています。

日本での風俗の一掃はまだ確定したわけではありませんが、摘発されるであろうと予想される店としては、ソープのお店と違法をしている風俗店となります。

特徴としては、本番行為を行っている、外国人を不法に雇っている、18歳未満の方が働いている、風俗営業の届け出を出していないお店となります。

外国の街角

この特徴を持ったお店は一掃される前でも違法であり、悪質なお店となります。このようなお店は、お店が潰れてもすぐに復活するため、警察とのイタチゴッコが続いています。

そのため、国際的なイベントを機に、都内を綺麗にするためにも風俗店の一掃が行われます。本番行為が禁止ということは、ソープも違法なのかというと、ソープに関してはグレーゾーンと言われています。

あくまでも特殊入浴場として扱われており、お風呂に入りに来た方が料金を払って女性からマッサージを受けることになり、男女の関係となって性行為に及んだこととなるので、法律では恋愛に関しては口を出せない状態となります。

グレーゾーンとなりますが、国際的なイベントでは取締りの対象となりやすくなります。性行為を行わないデリヘルに関してですが、法律を守っていれば摘発対象とならないとされています。