自分がバイアグラをお守りとして持っている理由

最近はほとんど使うことはなくなったのですが、ED治療薬のお守りとしてバイアグラを持っています。

使わなくてもこれがあるだけで、いざという時にはなんとかなるという余裕があると薬に頼ることがなくても最後まですることができるので、ある意味精神安定剤のような感じになっています。

沢山の薬

バイアグラを最初に使うようになったのは、性行為が最後までできなくなるようになりそれにプレッシャーを感じているうちに、全く勃起をしなくなってしまったということが起きてしまったからです。

最初は程度としてそれほど大変なものではなかったはずなのですが、精神的なものからもEDがひどくなって最後には全く反応しないという状況になっていました。

性欲もなくなっていれば気にもならなかったのかもしれませんが、性欲だけはあるのにペニスが反応しないという状態だったため悩んでいたのです。

そして、失敗がトラウマとなって気持ちは性行為をしたいのに、いざその場になると萎縮してしまって余計に事態は深刻化していきました。

そこで悩んだ結果として、ED治療をすることにして勇気を振り絞ってバイアグラを処方してもらうことにしたのです。

このようなことで相談をするのは恥ずかしいことでしたが、性行為もすることができないのは辛かったので処方してもらうことにしました。

実際に試してみるまでは効果の程は半信半疑であり、本当に効果があるのだろうかと思っていました。

ところがさすがにED治療薬だけあって飲んでみると、今まで全く反応のなかったペニスがしっかりと勃起をするようになったのです。

ただ勃起をし続けるということはなく、刺激を受けたときだけ反応をするものだったのでこれはすごいと思ってしまいました。

持続力も問題なくバイアグラを飲んでからは、最後まで性行為を楽しむことができるようになったのです。

カップル

薬を飲んでいる間は根本的な解決にはならないわけですが、自信もついたことであるとき飲まずに試してみることにしました。

駄目だったときには、その時飲めばいいという気持ちではじめると反応は鈍いもののしっかり最後まで楽しむことができ、ようやく根本的に問題が解決したと感じました。

その後は使うか使わないかは別としてバイアグラさえあればいざという時にはなんとかなるという心の拠り所を手に入れることができましたから、プレッシャーもなくなり性行為を楽しむようになったので良かったです。

このお守りがあるため、性行為を楽しむことができています。