英語表記の会社案内制作の作り方

会社案内制作を行う場合には、英語表記に限らず、日本語であっても、或いはその他の国の言葉であっても構わないのですが、最初に決めなければならないのは、その会社案内制作を何のために行うのかということです。一般的に会社案内制作を行うのは、人材確保のためのリクルート資料であったり、自社で取り扱っている製品を説明した販売促進のための資料であったり、或いは会社そのものの案内であったりします。出来上がった会社案内の使用目的によって、当然のことですが内容も変わってきます。
一般的に会社案内というと、会社そのものの案内のことを指す場合が多いのですが、その場合、自社の存在意義を示さなければなりません。どのような製品を手掛けていたり、どのようなサービスを行っているかという説明も当然必要ですが、それらの製品やサービスを販売することによって、その会社は顧客のどのような問題を解決することができるのかということを明確に示さなければなりません。
英語版となると、全世界に自社の存在をアピールするためにその会社案内制作を行うのですから、ワールドワイドな視点に立って、どのような顧客を念頭に置いて、自社の製品やサービスによって、どのような問題を解決することができるということが印象強くなっている会社案内でなければ、顧客の側としては、単なる製品やサービスのカタログでしかなく、それらを購入することでどんな利点があるのかということが分かりません。日本国内では会社案内ではなく、製品やサービスのカタログのような資料でも理解してもらえますが、英語表記の会社案内を作るということは、日本国内の常識とは異なる顧客に対して会社をアピールすることになりますので、よりビジネスの原点に立ち返って制作することが必要となります。

会社案内制作でイラストを使いたいなら

会社の中では会社案内制作を行うと言う事が必ずあります。

会社案内制作を行う事で、会社案内は営業ツールとしての役割を持たせることが出来ます。
初めて取引を行う会社に対して会社案内を元に会社に付いての説明を行う時など、会社案内が有る事で相手の会社の担当者に解り易く伝えることが出来ますし、訪問後に会社案内を見ることで会社のアピールにも繋がります。

それ故に、会社案内制作は必ず行われており、会社の事業規模が変更になった時や移転をした時、新しい事業を開始した時などはその都度会社案内制作をする事になるのが特徴です。

所で、会社案内には文章が多すぎると読み手が嫌になりやすいパンフレットでもあるのです。
しかし、文書が少ないと説明不足と言う事もあります。
そのため、写真などを併用して説明を行って行くことになるのです。

ですが、写真では上手く表現できない事も有ります。
このような時はイラストを利用して説明を行ってあげるのです。
但し、漫画のようなイラストではなく、ビジネスに提要出来るものが相応しく、会社案内やパンフレット制作している会社の中では、専門のイラストレーターがいますので、製作を依頼する事が可能になっているのです。
尚、依頼をする場合は、ラフ原稿などの素材を提供する事が大切です。

ラフ原稿などの素材を見ることで、どのような形で制作をしていけば良いのかを相手に伝えることが出来るからなのです。
また、絵を描くのが上手では無いと言う場合でも、ラフ原稿を作り口頭で説明をすれば相手に伝えることが出来ます。

会社案内制作と著作権の関係

多くの企業において会社案内制作という作業は重要なものです。どのようなビジネスを行うに当たっても会社のことを知ってもらうところから入りますので、会社のことを紹介する資料を持っていないというのは非常にデメリットの大きな話となります。一般的には印刷業者などに外注して制作してもらうことが多いのですが、企業によっては自前で作成して配布しようと考えることもあるでしょう。そのような対応をした方が安く仕上げることが出来ますので会社案内制作の方法として、一つの選択肢にはなり得ます。しかし会社案内制作を自前で行う場合には二つの点で注意しなくてはならないでしょう。
一つは著作権の問題です。現代社会は非常にインターネットの発達した時代になってきましたので検索をかけるとすぐにイメージに合った画像を見つけることができるようになりました。個人であればまだしも、その様な画像を安易に会社のパンフレットなどに使用してしまうと思わぬところで問題になるケースがります。どのようなものにも著作権が存在しているものであり、無断で使用するのは推奨されません。ましてやビジネスでの利用に対しては非常に厳しい対応になることもあり得るのです。そのため十分な注意が必要になるでしょう。
もう一つはクオリティの問題です。会社の紹介資料が手作りレベルのものである場合、ほほえましいと感じくれる人もいれば、趣味レベルのサービスしか考えていないと解釈されるケースもあるでしょう。この様な情報の受け手のことを意識した対応が重要になります。